アシナガバチ駆除は早めにするのが吉~蜂退治を先延ばしにすると~

アシナガバチは駆除しなくても大丈夫?

アシナガバチは性格が非常におとなしく、スズメバチのようにむやみやたらに攻撃してくることはありません。また、アシナガバチはイモムシなどの虫をエサにするため、益虫と判断して駆除をしない人もいます。このようにあまり危険を感じることが少ないアシナガバチですが、絶対に刺されないという保障はありません。万が一刺されてしまうと、アシナガバチにも毒があるので危険です。被害に遭わないように早めにアシナガバチ駆除をするほうが良いでしょう。

早めに駆除を行なう理由

自宅でアシナガバチを見つけたら、早めにアシナガバチ駆除をしないといけません。その理由を業者に聞いてみたので参考にしましょう。

駆除業者がおすすめする早めの駆除

開けている場所ならどこでも巣を作ります(駆除業者)

アシナガバチはどのような場所でも営巣場所に選びます。そして、巣を撤去してもすぐに同じ場所に作ってしまうのです。蜂の巣は高い場所にあるイメージがありますが、人の身長よりも低い場所に平気で巣を作る場合があります。

放置するとどんどん大きくなります(駆除業者)

アシナガバチの巣は、シャワーヘッドのような形で、下側にある六角の巣穴がむき出しになっています。色はグレーっぽい色や薄茶色です。始めは小さい巣ですが、放っておくとどんどん繁殖していって、巣も大きくなります。巣の大きさは直径15㎝ほどになり、蜂の数は100匹ほどに増えます。

他の害虫を呼び寄せてしまう(駆除業者)

アシナガバチが大人しいからといって蜂退治をしないままでいると、他の危険な害虫を呼び寄せてしまう可能性があります。スズメバチの中でアシナガバチを襲う種類がいるんですけど、アシナガバチよりも危険なので早めにアシナガバチ駆除をした方が良いですね。

家の中が汚れてしまう(駆除業者)

蜂が室内に巣を作った際には、身の危険の他にも家が汚れる被害が起こります。それは、巣から落ちてくる蜂の排泄物によるものです。少量のものかと考えてはいけません。蜂の排泄物の量は一日でコップ1杯分ほどにもなるので油断はできないです。

TOPボタン