蜂退治をしたら再発しないように対策する~アシナガバチ駆除の後~

蜂に侵入されないように

蜂が家の中で巣を作らないように、各営巣場所に対策を行なう必要があります。ここでは、蜂が巣を作らないようにできる対策を見ていきます。

それぞれの営巣場所で行なう対策

屋根裏と床下
自宅の屋根裏や床下に通気口や隙間があれば、金網などで塞ぎましょう。通気口や隙間は、蜂の侵入経路となってしまいます。蜂が自宅内に入ってこないようにするためにも通気口や隙間をふさいで蜂の侵入を防ぎましょう。
軒先
蜂がよく営巣場所に選ぶ軒先は、こまめにチェックすることが大切です。「気が付いたら大きな蜂の巣ができていた」ということがないように、目で見て確認しましょう。また、定期的に蜂除けスプレーをかけて蜂がよって来ないようにすることも重要です。
植木や花壇
自宅の庭でガーデニングを楽しんでいる人や、庭の草木に手入れはしていないという人は生い茂った庭にしないことが大事です。草木が生い茂っていると蜂がそこに隠れるように巣を作るので、草木はすっきりと整えましょう。
物置や倉庫
物置や倉庫は、古くなるとたくさんの隙間があるので蜂が侵入しやすくなります。そして、あまり人の出入りもないことから、久しぶりに倉庫を開けると大きな蜂の巣ができていることがあります。蜂に巣をつくらせないためには、定期的な換気と蜂除けのスプレーを撒くことで営巣場所になる可能性が低くなります。

営巣場所にさせない~蜂対策に効果的なグッズ~

スプレー

蜂の巣の対策を考えるのは、自宅で蜂を見つけたときや一度巣を作られたときが多いと思います。自宅に蜂の巣を作られたことがない人も、一度蜂の巣ができて蜂退治の経験がある人も、今後巣を作らせないためには対策が必要です。蜂の巣対策には、手作りスプレーで蜂を寄せ付けないようにすると良いでしょう。手作りスプレーは、ハッカ油を使用します。霧吹きボトルに水200mlに対してハッカ油を2~3摘垂らして完成です。これを蜂が営巣場所に選びそうな所に噴きかけるだけで対策できます。1日1回を目安にかけましょう。

TOPボタン